SG080iがソフマップにまだあった

先日、ソフマップに行ったところ
こんな製品が見つかりました。

SG080i

SG080iシルバー


色はシルバーとブラックで
それぞれ型番がSG080iSLとSG080iBKです。



旭エレクトロニクスという、
あまり耳にしないメーカーですが、
格安Windowsタブレットでありなが
国内メーカー品なのとビックカメラグループの安心感から
かなり人気があるようですね。

もう売り切れで入手不可能かと思っていたら
まだ店頭にありました。

スポンサーリンク


スペックとメリット


SG080iブラック


今更ですが、一応SG080iのおもなスペックを。

OS : Windows 10 Home 32ビット
CPU : Atom Z3735F
メモリ : 2ギガ DDR3L
ストレージ : 64ギガ
ディスプレイ : 8インチ(1920×1200)
端子 : microUSB・microHDMI・オーディオミニジャック
microSDスロット : 搭載
GPS : 搭載
スピーカー : ステレオ
バッテリー容量 : 4000mAh
大きさ : 幅123.5 × 高さ213.6 × 厚さ8.3mm
重さ : 約360グラム



価格が17000~18000円なのに、
高いスペックなのが特徴です。


ストレージが64ギガなのと
解像度が1920×1200なのは特にいいですね。

GPS搭載なのも地味にうれしいですし、
重さが360グラムなので片手でも持てそうです。

CPUは最新でないものの、じゅうぶん実用的といえるでしょう。


側面01

側面02


デザインもまあまあです。
個人的にはシルバーのSG080iSLのほうが
ブラックのSG080iBKより気に入りました。

スポンサーリンク


デメリットは


この価格なので、少々のデメリットはいいじゃないか!
とうレベルなのですが、一応あげると、

SG080iは
1.充電とUSBが兼用
2.ステレオスピーカーが縦画面用
3.電源とボリュームボタンが一般的なタブレットと逆
4.バッテリーが4~5時間(動画再生)と短め



まあ「1」はSG080iにかぎらず
8インチタブレットではよくあることです。

「2」は横画面で動画をみると
左右片方に2つのスピーカーが並ぶので
ちょっとイマイチ。

でもこれも8インチWindowsタブレットでは
そもそもモノラルスピーカーだったりしますので
ステレオなだけでもありがたいといえるでしょう。


「3」は慣れれば大丈夫だと思います。

「4」はちょっと気になるかも。
出来ればもうバッテリーがもってくれればいいのですが
この価格と重さだと妥協しかないですね。



あとはこのサイズで解像度1920×1200なので
画面がかなり細かいです。

タッチペンがつかえればいいのですが
さすがにSG080iの価格でそれは無理な注文でしょう。


店舗によってはまだあるのかも

裏面


SG080iSL、SG080iBKともに
人気があるので売り切れるのは時間の問題だと思いますが、

ビックカメラ、ソフマップ、コジマでは
まだ在庫があるかもしれませんので
欲しい人は早めに調べるといいかもしれません。


個人的にはもうちょっと高くてもいいから
タッチペン対応してればなあ…。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ