ASUS TransBook T100HA-128Sは小気味いい小型車みたい

僕は以前のモデルのTransBookを使っていて
かなり重宝しているのですが、使っていくうちに

「もうちょっとスペックがあればなあ」

と思うことがたまにあります。

でも比較的低価格のWindowsタブレットって
妙なくらいスペックが横並びなんですよね。


そんな中、頭ひとつ抜きんでているのが

TransBook T100HA-128S

ASUS TransBook T100HA-128S


とくに新しいものではないのですが
今でも使い方によってはベストな製品だと思います。

スポンサーリンク


Atom機としてはスペックは上々


ASUS TransBook T100HA-128Sのおもなスペックは次の通り。

CPU : Atom x5-Z8500
メインメモリ : 4ギガ
ストレージ : 128ギガ eMMC
ディスプレイ : 10.1インチ(解像度 1280 × 800)
端子 : USB2.0 × 1、USB 3.1(Type C) × 1、microHDMI × 1、microUSB × 1、オーディオジャック × 1
バッテリー駆動時間 : 11.3時間
大きさ : 幅265 x 奥行8.45 x 高さ175 mm
重さ : 本体のみ580グラム、キーボード込み1080グラム
カラー : メタルグレー



背面

CPUがAtomのWindowsタブレットは
メモリ2ギガ、ストレージは32ギガか
多くても64ギガが多いですが
TransBook T100HA-128Sは4ギガ、128ギガとともに優れています。

Atomというのは低価格のパソコンや
タブレットなどで使われるCPUで、
安くて省電力な代わりに性能はそんなに高くありません。

なので
「しょせんCPUがAtomなんだから
他もそんなスペックいらんでしょ」


というのが一般的な意見でしょうけれども
ASUSのTransBookは、ハマる人にはハマる製品で、
サブマシンのつもりで買ったのに
メインPCよりも使っている時間が長い

という人も多いようです。僕もそうです。

そうなると、

「軽めの作業はみんなTransBookで」
「画像加工とかもこれで」
「がんばれば簡単な動画編集も」

みたいな感じで、
ちょっとずつ重たい作業もやってしまうんですよね。


まあハイスペックなパソコンを使っている人からすると

「Atom機で動画編集やるなんて、何考えてんだ!」

という話で、それは実にごもっともなんですが、
最近のWindowsタブレットって
意外なくらいできちゃったりしますからね。



そうなると、やはりメモリにも余裕がほしい
となってくるのでTransBook T100HA-128Sの
メインメモリ4ギガ、ストレージ128ギガは
ありがたくなってきます。

誤解のないように言っておきますが
メモリが4ギガあるからといって
動画編集もOKというわけではありません。

基本的にCPUがAtomのパソコンやタブレットで
動画編集をするのは無理なんですが
簡単な編集ならなんとかできる
というくらいのレベルです。


それでも多少の無理はききやすいでしょう。

スポンサーリンク


本体の造りはさすがASUS!


もともとこのメーカーは2in1という、
タブレットにもノートにもなる
パソコンを作るのが得意というか
パイオニア的な存在でもあります。

そのため、TransBook T100HA-128Sも
筐体のつくりはかなり評判がいいです。


ASUS TransBook T100HA-128S


僕は前モデルのT100TAを持っていますが
キーボードを付けると
ノートパソコンそのものでありながら
タブレット単体としても違和感なく使えます。


この使い勝手のよさが
スペック以上の価値になっている印象です。


不具合とデメリット


このように、TransBook T100HA-128Sは
かなりいい製品ではありますが
残念なのは、ちょっと不具合があるところです。

・長時間スリープにしていると、そのまま電源が落ちることがある

・キーボードとタッチパッドが効かなくなることがある

前者は長時間スリープにしない、
後者はキーボードをいったん外せば治るようなので
そこまで致命的な不具合ではないですが
こういうのって、プチストレスになるんですよね。

あとTransBook T100HA-128Sは
ノートパソコン状態だと
120度くらいまでしか開かないので

角度によってはちょっと画面が見にくいです。

僕は慣れてしまいましたが最初はちょっと気になりました。


ピタッとくる人にはばっちり


ASUSのTransBook T100HA-128Sって、
iPadやSurfaceのような
ブランドイメージや高級感はないですが

街中を快適に走り回れる小型車みたいな
取り回しのよさがあって、
ずっと手元に置いておきたくなる感じがします。



正面


ASUSにしては価格が少し高いですが、
最近は少し安くなっているようです。

TransBook T100HA-128Sが安いのはこちら


10インチクラスのタブレットをよく使うのなら
かなり有力な候補になることでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ