Photon2のココは他の低価格タブレットにないメリット!

コストパフォーマンスでは最強の
10インチWindowsタブレットか?


Photon2

BungBungame Photon2


格安で、他の10インチにはない魅力もあります。

ただ、メーカーはBungBungame(バンバンゲーム)
という、よく知られていないものです。


そのほかにも気になる点があるので
それについてものべていきます。

スポンサーリンク


スペックについて


OS : Windows 8.1 With Bing(64bit)/ Windows 10 Home(64bit)
CPU : AMD A6 Micro-6500T-APU 1.2GHz(最大1.8GHz)
メインメモリ : 4ギガ
ストレージ : 64ギガ(eMMC)
ディスプレイ : 10.1インチ(16:10)
解像度 : 1920 × 1200
無線LAN : a/b/g/n/ac
端子 :microUSB(2.0)、microHDMI、SDカード、microSDカード
バッテリー容量 : 4800mAh
動作時間 : ウェブ閲覧6~8時間、YouTube再生4.5時間
大きさ : 幅264 x 高さ182.2 x 厚さ10.6mm
重さ : 本体のみ580グラム、キーボード込み1089グラム
スタイラスペン : 付属(1024段階)



解像度、メモリ、ストレージ、
どれも、このクラスの製品としては
最高クラスの数字がならんでいます。

それでいて、価格は本体のみで23056円、
キーボードカバー込みでも27685円です。

これはどう考えてもお得ですね。

そして、フォトン2のココが素晴らしいというのは
タッチペンがついている、という点です。


タッチペン


「そんなんいらねえよ」
という人もいるかもしれませんが
僕はWindowsタブレットにタッチペンは
「あったほうがいい派」です。



なくても使えなくはないですが、
あの小さなウィンドウの「×」マークとかを
指でタップするのはちょっとストレス、

まあタブレットモードを使えばいいのかもしれませんが、
それならAndroidでいいじゃない、
やっぱりWindowsならデスクトップモードを
使ってこそじゃない、
という考えなので
BungBungame Photon2のペン付属はうれしいです。


そして僕の知っているかぎり、Windowsタブレットで、
タッチペンに対応しているのは五万円以上はします。

中国産のあやしめの激安タブレットでも
ペンがついているのは見かけないですから、
そういった点でも、このPhoton 2は貴重ですね。


CPUがよく分からないんだけど


BungBungame Photon2は
コストパフォーマンス抜群なのですが、

CPUのAMD A6 Micro-6500T-APU
ちょっとどんなものか分からないかもしれません。

このクラスのタブレットのCPUは
インテルのAtomを採用しているのがほとんどですからね。


AMD A6 Micro-6500T-APU

でもAMDというのは知っている人は知っているでしょう。
インテルのライバル会社です。

最近はインテルに押され気味ですが
AMDのCPUもすぐれものが多いです。

それで、このA6 Micro-6500T-APUは
インテルのAtom Z3775と同等か、やや優れているとのことなので
Photon2のネット閲覧、動画再生などでは問題ないスペックと考えられます。


BungBungameってどんなメーカー?


さらに気になるのが
「BungBungame(バンバンゲーム)」
というメーカーで、これは正直はじめて耳にしました。


調べてみると、台湾のメーカーのようで、
もともとはソフトウェア会社だったのですが
現在はハードウェアも生産しているようです。

同じ台湾でもAcerやASUSに比べると
安心感はないかもしれませんが
メーカーのサイトを見る限り日本語だし、
日本に支社もあるようなので

そんなに心配なさそうではあります。

スポンサーリンク


デメリットは?


BungBungame Photon 2で、気になる点、
注意したほうがよさそうなのは次のもの。


バッテリーがやや短い

このサイズのタブレットだと
10時間越えのものも珍しくないのですが
フォトン2は6~8時間と、それに比べると短いですね。

極端に短いわけではないですが
使い方によっては物足りなく感じるかもしれません。


キーボードが角度調整不可、重め

Photon2のキーボードはカバーと一体型で、
このカバーをスタンドにして本体をたてるしくみです。

したがって、
通常のノートパソコンのように
角度を調整することができません。



その代わりこのタイプのキーボードは
軽いのがメリットになるはずなのですが
フォトン2はキーボード込みで1キログラム越えと、ちょっと重たいです。

これならアマゾンなどで売っている
軽量のBluetoothキーボードとスタンドを
使ったほうがいいかもしれません。


USBが2.0

全体的にスキのないスペックのPhoton2ですが
なぜかmicroUSBが2.0です。なんで?

側面


そんなわけなかろう、と思っていたのですが
メーカーのページ書いてあるので、2.0なんでしょう。

USBのハードディスクやメモリからのデータ転送は
あんまり速くない、ということですね。


自分で調べるのが得意ならおすすめ


これらのデメリットがあるとはいえ
BungBungame Photon2は格安でタッチペン付属と
非常にお買い得なのは間違いないでしょう。


BungBungame Photon 2


ただ、僕個人の感覚としてですが
この手の海外の通販モデルは
ある程度自分でパソコンのメンテナンスが
出来る人向けだと思います。


何かあったときに購入店に持って行って
相談する、というわけにはいきませんからね。
ドライバーソフトの更新ぐらいは
自分でできるほうがいいんじゃないかと思います。


もっとも、BungBungameは
日本語のメーカーサイトがあるので
そこまで心配することもないかもしれません。


http://www.bungbungame.com/JP/index.aspx

格安でお絵かきもできるタブレット欲しい、
しかしパソコンスキルには自信がない、
という人は、購入前に問い合わせてみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ