カスペルスキーのデメリットが嫌なら代わりはこれ

僕はセキュリティソフトはカスペルスキーを使っていて満足していますが、これは

高いセキュリティ性能
台数無制限

というのがよかったからです。


そして満足して使っているのですが、たとえば

「仕事で使っているわけでもないから、セキュリティとある程度安全であれば十分、台数もそんなにいらない」

という場合もあるわけで、それならほかのソフトも候補にあがります。というよりそれならカスペルスキーのデメリットのほうが目につくでしょう。


そこで今回は、カスペルスキーに興味はあったものの、調べているうちに何かしらデメリットがあって「うーん…」となった場合、代わりになるセキュリティソフトについてです。




デメリットを補えるもの


まずはカスペルスキーのデメリットをおぎなえるものです。


デメリットをおぎなう


もっと動作が軽いものは?


セキュリティソフトを選ぶにあたって、安全性の高さとともに最も重視するのが、「動作が軽いか」ということでしょう。

これを一番の基準に選ぶなら、あえてカスペルスキーを選ぶ必要はないと思います。


もちろんいくら軽くてもろくでもないセキュリティソフトを入れては意味がありませんので、一定以上のセキュリティ性能の評価があり、かつ軽いソフトということだと、

「ESET(イーセット)」がいいです。

セキュリティソフトの比較ではよく出てくる定番製品のなかでは最も軽いと定評があるので、軽さ重視ならこれでしょう。


もっと使っている人が多いのは


みんなが使っているから大丈夫、というわけではないでしょうけれども、ひとつの判断基準ではあります。

それに会社で導入する場合など、とくに上司が年配の人だと、やはり知名度が高いセキュリティソフトのほうが安心されるでしょう。


日本におけるセキュリティソフトでもっとも使われているのはウィルスバスターです。

そのへんの電気屋さんで売っているのをよく見ますし、シェア1位! というような宣伝もしていますので、「なにそれ?」とか言われても説明しやすいです。

それにメーカーのトレンドマイクロ社は本社が日本にあるので、やっぱり国産が一番というならこれですね。




そうは言ってもカスペルスキーのメリットもすてがたい


つぎに、ほかののセキュリティソフトにしたいけど、カスペルスキーのメリットもすてがたい、という時に代わりになるものです。


メリットも捨てがたい


台数無制限があるものは


カスペルスキーの魅力の一つがこれで、なにかしらのデメリットがあるけど、台数無制限はほいし、うーん、という場合。

ほかに台数無制限のセキュリティソフトとして「マカフィー」があります。


全体的な評判はカスペルスキーのほうが高めですが、マカフィーも特に悪いというわけではないので、こちらにするのもありです。


セキュリティ性能は高いのがいい


上記のセキュリティソフトは「軽さ」「シェア」「台数無制限」など、それぞれにメリットはありますが、セキュリティ性能についてはカスペルスキーほどの評判はありません。

そこで、カスペルスキー同様にトップレベルのセキュリティ性能との評判なものにノートンがあります。

また、ノートンは軽さもある程度評判がよく、シェアもウィルスバスターに次ぐ2位になっていることが多いです。ドコモショップなどで売っているので見たことある人も多いかと思います。


インストールできるのが最大で5台までなので、たくさんの機器で使うには割高になりますが、それ以外に大きなデメリットもなく、カスペルスキーの代わりで考えるなら一番の候補になるでしょう。


まとめ


つまり、個人的には

とくにデメリットが気にならないならカスペルスキー

軽いのがよければESET

知名度を取りたければウィルスバスター

カスペルスキー以外の台数無制限ありなのはマカフィー

まよったらノートン、となるかと思います。


特にノートンは全体的にすぐれており、カスペルスキーのかわりとして候補にしやすいです。

カスペルスキーとノートンの比較はセキュリティ頂上決戦?

具体的な比較はこちらに書いてます。

よろしければ参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ