DENON Envaya Mini DSB-100は音もサイズもバランス抜群

あのデノンの
高音質Bluetoothスピーカーの小型モデル


DENON Envaya Mini DSB-100

DENON Envaya Mini DSB-100


モバイルブルートゥーススピーカーは
BoseとSONYが人気なんですが
音がちょっと派手なんで、前回の記事で
DENON Envaya DSB-200という
自然な音がするスピーカーを紹介しました。


ただ、これ、ちょっと大きいんですよね。


そこで同じデノンでも、小さいのがよければ
エンバヤミニ DSB-100のほうがよさそうです。

うるさい音がいやで、なおかつ持ち運びする人には
かなりマッチしそうな製品です。


スポンサーリンク


スペックについて


DENON Envaya Mini DSB-100の
おもなスペックはこちらです。

大きさ : 幅210 x 高さ54 x 奥行51 mm
重さ : 510グラム
スピーカー : 40mm × 2、40×83mmパッシブラジエーター
対応コーデック : SBC、AAC、aptX
NFC : 対応
入力端子 : ステレオミニジャック × 1
ハンズフリー通話 : 対応
連続再生時間 : 10時間
防水 : あり(IPX4相当)
カラー : ブラック、ホワイト
キャリングポーチ付属



側面


上位モデルにあたるEnvaya DSB-200と違い
スマホに充電機能はないようですが
かわりに防水があります。


こちらのほうが嬉しいと感じる人が
多いのではないでしょうか。
充電機能もあればいいのでしょうが
モバイルバッテリーを買えばみますからね。


音質はやはりデノンらしい音


ホワイト

DENON Envaya Mini DSB-100は
どういうわけか店頭にほとんどおいてないので
試聴することが困難です。

なので同じデノンのEnvaya DSB-200の音を聴いて
あとはレビューなどを参考にするといいでしょう。


エンバヤ DSB-200は音のバランスが良く
自然で聴き疲れしにくい音です。


したがって、このエンバヤミニ DSB-100も
同じような音と考えられますが
スピーカーサイズが小さいので
低音はそこまで響かないようです。


ただ、Envaya DSB-200が
低音が効きすぎると感じる場合、
逆にこちらのほうが良い、ということになります。


レビューなどを見ていても評価がとても高いので
Bose SoundLink mini ⅱのような
迫力ある音をもとめないかぎり
音質に関しては心配なさそうです。


上面

なんかこうやって見るとかなりよさそうですね。
この手のスピーカーは小型で軽いと
使い勝手が大幅に上がりそうです。


メリットは疲れない音と持ち運びやすさ


DENON Envaya Mini DSB-100のメリットは
上位モデル同様、
デノンらいしい聴き疲れしにくい音、

そして重さが510グラムという点ですね。
ちょうど500mlのペットボトルと同じくらいです。

大型サイズのDSB-200の半分以下、
ほかのBluetoothスピーカーもこのグレードだと
600グラム以上あるものがほとんどなので
持ち運びしやすさと音質のバランスはピカイチです。


防水機能があるのも便利です。
IPX4相当なので水没はダメですが
台所の水しぶきぐらいは平気なので
気をつかわずにすみそうです。

デノン エンバヤミニ DSB-100


デメリットは価格と迫力不足?


この製品はとくに大きな弱点はなさそうですが
しいてあげるなら価格がやや高めですね。

DENON Envaya Mini DSB-100は
17000円ほどするので、上位モデルのDSB-200と
3000円ぐらいしか変わりません。

まあBose Soundlink mini ⅱは
25000円ぐらいしますので、それに比べたら安いですが
そのほかのメーカーのものは15000円前後が中心なので
やや高いといえそうです。


あとこれはデノンの特徴ともいうべきことで
デメリットというわけではないのですが
ガンガン響くタイプのスピーカーではないでしょう。

ど迫力の重低音! というのを求めるならBose、
さらに価格も抑えたいならSONYがおすすめです。

スポンサーリンク


Bose SoundLink mini ⅱとの比較


DENON Envaya Mini DSB-100と
Bose SoundLink mini ⅱの比較動画です。





やはりインパクトがあるのは
ボーズのほうですね。
音に迫力があって、特に低音が響いています。

ただし、ずっと聴いていると
だんだん疲れてくる音でもあります。
逆にデノンDSB-100は
疲れが取れそうな自然な音で
ずっと聴いていられそうです。


スカッとしたいのならボウズ、
リラックスしたい、BGMとして聴くならデノン

といったところですね。


機能面では防水のあるデノンEnvaya Mini DSB-100、
価格でもBoseは25000円ほどするのに対し
デノンは17000円ぐらいなので有利ですね。

ただしこの両者、音の傾向が全く違うので
下手に値段が安いという理由で選ぶよりは
音が好みに合うなほうを買うのがいいでしょう。


DSB-200との比較


まよいそうなのが、
上位モデルのEnvaya DSB-200とどちらにするかです。


比較動画はこちら。




やはりDSB-200のほうが、
大きいぶん豊かな音で、
とくに低音に違いを感じます。



価格も先ほど述べたとおり
3000円ぐらいの違いなのでそこまで変わりません。

その代わり、大きさと重さが全然違いますね。


家の中で使うのならDSB-200、
外に持ち出すならDSB-100ということになりそう。


まあDENON Envaya Mini DSB-100も
じゅうぶん音の評判もいいですし、持ち運び用途なら
下手に上位モデルと比較するのは
ナンセンスというものかもしれません。


機能面では
DSB-200はスマホに充電可能、
DSB-100は防水があるのが違いです。



JBL CHARGE2+との比較


あとDENON Envaya Mini DSB-100と
まよいそうなのがJBL CHARGE2+ですね。

どちらも自然な音のスピーカーで、
このふたつが最終候補になることも多いです。





どちらかといえばデノンは落ち着いた音、
JBLは元気な音、といったところでしょうか。

しかしこうやって比較すると
CHARGE2+ってけっこう低音強いですね。
モバイルバッテリー機能があるのも強みです。


一方持ち運びのしやすさでは
デノン Envaya Mini DSB-100のほうがやや有利、
低音もほどよい感じなので
さりげなく持ち運んで、静かに聴くならこちらですね。


まとめ


DENON Envaya Mini DSB-100は
Boseのような迫力あるサウンド
SONYのようなドンシャリ(低音と高音が強調された派手な音)

を求めているのなら不向きですが、

・持ち運びのしやすさ
・聴き疲れしにくい自然な音
・防水


を求めているのなら
間違いなく一番といえそうです。

重さは500グラムありますが
それより軽いものは音質面で物足りなさが出てくるので
音と重さのバランスでは、このエンバヤミニDSB-100は
かなり優れていそうです。

DENON Envaya Mini DSB-100_02


価格についてはこちらをご覧ください。
Envaya Mini DSB-100ホワイトはこちら

Envaya Mini DSB-100ブラックはこちら

一般のお店ではあまり販売していないので
こちらでの購入がおすすめです。
レビューの評判もいいですね。


そのほかのスピーカーの記事はこちら

同じDENONの上位モデルEnvaya DSB-200

迫力と高級感のBose SoundLink mini ⅱ

デザインと最新機能のSONY h.ear go『SRS-HG1』

自然で元気な音のJBL CHARGE2+

大きな音とスタミナのSONY SRS-XB3

なるべく好みの音と機能のスピーカーを
購入するといいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ