Bose SoundLink Mini II(サウンドリンクミニ2)は定番だけどクセもあり

「コイツはすごい音がでるんだ!
とにかく聴いてみてくれ」


ある休日の昼下がりに
うちにやってきた友人が出してきたのが、

Bose SoundLink Mini II
(サウンドリンクミニ2)


カーボン

聴いてみると、たしかにすごい音、
なんでこのサイズでこんな音がでるの?
といった感じです。


この小さなスピーカーから出る音の衝撃が
僕を長いモバイルスピーカーさがしの旅に
駆り立てることになり、

のちにいろんなメーカーのものを
見ていくことになるのですが

まずは定番商品ともいえる
このBose SoundLink Mini IIについてです。

スポンサーリンク


ホントにこのスピーカーから出ているの?


ボーズサウンドリンクミニ2の
おもなスペックは次のとおり。

サイズ : 幅180mm x 高さ51mm x 奥行59 mm
重さ : 670グラム
バッテリー : 連続10時間再生
対応コーデック : SBC
入力端子 : 3.5mmステレオミニプラグ×1
色 : カーボン、パール



最初はモバイルスピーカーなんて
大したことないと思っていたんですよ。
手のひらサイズでは出せる音も限界があるだろうと。


でもまあ高級品なんで、
そこは音質に違いはあるのだろうと
耳をすまして聴いていたら、


「すごいね!」

「そうだろ!」


僕は音の聞き分けは
そこそこ出来るほうだと思っていたので
このスピーカーの特徴もズバリいい当てて

「お、さすがよく分かっているね」

みたいなことを言わせてやろうと
思っていたのですが
Bose SoundLink Mini IIの音質は
そんな繊細なレベルの話ではありませんでした。



とにかく重低音を中心とした、音の迫力がすごい。

聞き分けるとかそんなんじゃなく
一発で分かります。


「なんか、目をつぶって聴いていると
とてもこのサイズのスピーカーとは思えないね」

「そうだろ、大きなスピーカーの上に
これをちょこんと乗せて鳴らしてみ。
どっちが鳴ってるのか分からなくなるぞ


それもあながち大げさでないくらい
厚みのある重低音です。

あとで知ったのですが
Boseというメーカーは、そういった
サイズを超えた音を出す製品が得意なんですね。
かなりインパクトがあります。


一番人気のBluetoothスピーカー


Bose SoundLink Mini IIのサイズは
幅180 x 高さ51 x 奥行59mm。

展開図

重さは670グラムあるので
ちょっとズッシリしていますが
約10時間再生できるバッテリーがあるので
スマートフォンと一緒に持ち歩けます。


「毎日もって行って、仕事中に
好きな音楽を聴いているんだよ。いいだろ」

たしかにいいですね。
ボウズのサウンドリンクミニ2もいいですが、
仕事中に音楽を聴ける環境もいいと思いました。
なんの仕事しているんだろ?


その友人は持ち出して
使っているとのことでしたが
このサイズなら家の中で寝る前に
枕元に置いて使うのもよさそうです。



これもあとで調べたのですが
Bose SoundLink Mini IIは
Bluetoothという、スマホやパソコンから
無線接続で音楽を聴けるスピーカーとしては

一番人気の商品です。


たしかに高級感のあるデザインといい、
ぱっと聴いてわかる派手な音といい
万人受けしそうです。


パール
色は先ほどの「カーボン(黒っぽい色)」
のほかに「パール」もあります。


また、ケーブル接続も可能なので
Bluetoothに対応していない
昔のプレイヤーでも再生できます。


だんだん欲しくなってきたので
値段を聞いてみたところ……。


値段は少し高め


「27000円したよ」

「うーん、けっこう高いね。
でもこれだけの音のスピーカーだと
それぐらいはするのはしょうがないのかな」

「いや、それがそうでもないんだ、
これも見てくれ」


そういって彼が取り出したのは
ソニーのSRS-X33という
これまた同じようなスピーカーです。


SRS-X33


「ふたつも買ったのかい!!
なに考えてんだ!?」

「いやこれは知り合いの。
比較するために借りたんだ」

「買ったあとで比較しても
しょうがなかろうに」

「まあそういうな。
比べるとなかなか面白いんだよ」


たしかに、スピーカーって
メーカーによって音に特徴がありますからね。

比べると面白くはあります。

スポンサーリンク


他社製品(ソニー)との比較


それで、
ソニーのSRS-X33を聴いてみると、
Bose SoundLink Mini IIほどの
重低音の迫力はないものの、

音がとてもきらびやかで高音中音がはなやかです。
それに音が広がる感じ。


比較は実機を聴くのが一番ですが
こちらの動画も参考になります。
(イヤホンか大きめのスピーカーで再生すると
違いがよくわかります)




「こっちもいいなあ、
なんかこう、音がキラキラしている感じ」

「そうなんだ。
低音はボーズのサウンドリンクミニ2
ほどではないけれど、じゅうぶん迫力あるし、
高音がきれいなんで全体のバランスがとれているよ」

「でも高いんじゃないの?」

「いやそれがSRS-X33は16000円ぐらい、
Bose SoundLink Mini IIより
一万円ほど安いんだ


「それならこっちのほうがいいかも?
いやちょっとまて……」


たしかにソニーのSRS-X33は
いい音なんですが、とらえかたによっては
音が固いというか、耳につく感じがします。


「これ、長時間聴いていると
疲れるかもしれないな」

もっとも、ボーズのサウンドリンクミニ2も
低音がかなり強いので
長時間聴くと疲れるかもしれません。

こうなると好みの問題になってきます。


結論、こういった人にはおすすめ


「俺は低音が鳴るのが好きだから
Bose SoundLink Mini IIの音がいいけれど
コストパフォーマンスで考えると
ひとにはソニーのSRS-X33をすすめるかな」

「たしかに一万円の値段差があって
一長一短なら、そっちのほうがいいかもね」


とはいえ、スピーカーは
自分の好みにあった音のものを選ぶのが一番です。


Bose SoundLink Mini IIは

・迫力ある低音
・中高音もどっしりとした厚み
・高級感のあるデザイン


ではとても優れていて、
音がドカンとやってくる感じです。

これらが好みならば、
ボーズのサウンドリンクミニ2は
とても素晴らしいです。

下手にケチると後悔することになるので
がんばってでも、こちらを選ぶといいでしょう。


弱点は、やはり値段が高いのと
中音高音も悪くはないものの、
低音の迫力に少しかくれて目立たないことですね。


ベースが手前にでてきて
ボーカルがその後ろにいるような印象です。

あと人によっては音が
少しこもった感じに聴こえるかもしれません。

ここがひとクセあるところで、
低音がききすぎるのがイヤ、
きらびやかな音が好きならば
やめておいたほうがいいです。


それでもライブの演奏を流すと
まるでスピーカーがどこでもドアになっていて
そのままライブ会場につながっているような
臨場感が、この製品にはあります。


迫力ある音を求めているのなら
Bose SoundLink Mini IIを選んで
間違いなさそうです。


価格は変動しますので、こちらで確認するといいでしょう。
Bose SoundLink Mini IIをおトクに買うならこちら

大手ネットショップの安心感と
送料、ポイントを考えるとここがいいかと思います。


なお、僕はSRS-X33も気になったので
ソニーの製品もくわしく調べてみました。
ソニー製のかなりいいスピーカーはこちら

高めだが最高品質のスピーカーはこちら

SRS-X33は生産終了ですが
後継モデルが出ていました。


ほかにこちらもかなり良かったです。
オーディオのような音が出るのはこちら

豊かで柔らかいデノンの名機はこちら

自然な音という点ではこれがかなりいいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ