8インチWindowsタブレットでほしい機能をならべてみた

僕は外出するとき、いつも

10インチのWindowsタブレット
8インチのAndroidタブレット


これらを持ち歩いているのですが
なんか機能がかぶっているんですよね。

家のなかならともかく
外出するときカバンにタブレットを
ふたつ入れるのは、なんか切ない。

あと10インチは、ちょっと重いです。


そこで8インチのWindowsタブレットを持てば
荷物がスッキリするんじゃないかと
つねづね新商品をチェックしているのですが
なかなかコレ! というのが見つかりません。

日々あれこれ見ていると
そのうち自分がどんな機能のものが
ほしいのか分からなくなってきたので
ほしい機能を書き出してみました。

スポンサーリンク


CPU


8インチタブレットだと
CPUはAtomという省電力のもの。

2015年はBay Trail(ベイトレイル)という
Atom Z3~ではじまる型番のものが主流でした。


しかし2016年になると
Cherry Trail (チェリートレイルという
Atom X~ではじまる
さらに新型のCPUが載っている製品が出ています。


Bay Trailもタブレット用途なら
ほとんど問題ないくらい評判がよいものなのですが
新しいCherry Trailはさらによさそうなので
できればこっちがいいですね。


メインメモリ


こちらは8インチタブレットだと
2ギガのものが多いですが
2016年には4ギガのモデルも登場しています。

上記のCherry Trail+4ギガだと
今まで以上にできることが増えそう。


「タブレットだから」と割り切って使うぶんには
2ギガでもじゅうぶんだと思いますが
僕はタブレットでちょっとした
動画編集までしてしまうような
スパルタユーザーです。


なのでできれば4ギガあれば、
そっちを買いたいです。


ストレージ


これはデータを保存するところ。
一般的なパソコンだとハードディスクですが
8インチタブレットだとeMMCという
省電力のメモリタイプのものです。


32ギガのものも多いですが
Androidならともかく
Windowsだと少々物足りなく、

アプリのインストールにも
いちいち気を使いそうなので
64ギガはほしいです。


スタイラスペン


Androidだとなくてもいいのですが
Windowsの場合、小さなボタンが多いので
指でタップするのはしんどいです。


人によってはなくてもいいのかもしれませんが
僕はWindowsタブレットには
スタイラスペンがほしいです。

手書き機能も使ってみたいですしね。


GPS


8インチモデルは
道端でひょいと取り出せるサイズですし
車のダッシュボードにも取り付けられます。

Androidの地図やカーナビ機能を
重宝しまくっている僕としては
やはりGPSはほしいです。

Windowsだと地図系のアプリが貧弱ですが
そこはなんとか工夫していこうと思います。

スポンサーリンク


SIMカードスロット


スマホからテザリングすれば
それですむのですが
やはりひと手間かかります。

横着の極みかもしれませんが
最近は格安SIMもあることですし
SIMカードに対応しているとうれしいです。


重さ


経験上、400グラム以下だと
ずっと持っていられます。


8インチタブレットだと
どの製品でも大丈夫だとは思っていますが
できれば350グラム以下だとかなり楽。


USB


ハブで拡張できるので
基本的に端子はひとつあれば
なんとかなるのですが
充電端子と兼用だと
充電しながら使うとき不便
なので
できれば別にしてほしいところ。

でも10インチモデルならともかく
8インチのWindowsタブレットだと
なかなかそういったものはないですね。


ステレオスピーカー


できればステレオスピーカーだと
いいですね。

しょせんタブレットなので
音質はそれほど望みませんが
あんまりシャカシャカした音だと
ちょっとしんどいので
最低限の品質はほしいです。



とまあ、つらつらと
好き勝手な希望を書いてみましたが
これら全部を満たした製品は
今のところないですね。

でもそのうち出てくるんじゃないですかね。
その日を気長に待つことにします。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ