KENWOOD AS-BT77は寝室にぴったりのスピーカー

静かな室内で使うなら
もしかして最高のBluetoothスピーカーかもしれません。


KENWOOD AS-BT77


KENWOOD AS-BT77グレー


スマートフォンやタブレットの普及にともなって
各メーカーから雨後のタケノコのように
にょきにょきと出まくっているモバイルスピーカーですが、

その中でも
ケンウッドのAS-BT77は、
独特の立ち位置といえる製品です。



こういうのが欲しかった!
という人にはストライクゾーンに
ぴったりと入るのではないかと思います。

スポンサーリンク


スペックとメリットについて


大きさ : 幅203 x 高さ59 x 奥行80 mm
重さ : 860グラム
スピーカー : 40mm×2、サブウーファー40×90mm、パッシブラジエーター40×110mm
最大出力 : 4W×2 + サブウーファー10W
Bluetooth : バージョン2.1 + EDR
コーデック : SBC
NFC : 対応
入力端子 : microUSB、ステレオミニジャック
稼働時間 : 4時間40分



KENWOOD AS-BT77のスペックで特徴的なのは
サブウーファーがあることですね。

このサイズのBluetoothスピーカーは
パッシブラジエーターという
メインスピーカーの振動を利用して
低音を強調するものがほとんどです。

それに対しAS-BT77は
それとは別にサブウーファーという、
メインスピーカーとは別に音を出すシステムがあります。


大きめのスピーカーを持っている人は
ウーファーの迫力はご存知だと思います。
パッシブラジエーターよりも自然な重低音が出ます。

分解図


単に重低音の迫力という点では
Bose SoundLink mini ⅱのほうがいいですが
ケンウッドAS-BT77のほうが自然な音といえます。

また、中高音も聴きやすく、
ボーカルの音などがとてもクリアできれいです。

僕は試聴していたら、そのまま聴きこんでしまいました。


音の傾向としては、
自然で、なおかつ迫力もある、
高音低音がしっかりしているという点で、

この製品の音質は弱点がない印象です。


モバイルスピーカーといえば
屋外で聴くイメージがあって、
そいういったときに元気よく聴く場合は
BoseやSONYも良いのですが、

寝室用のスピーカーとして買った場合、
寝る前にBoseのズンズンとした重低音、
あるいはSONYのドンシャリ
(低音と高音を強調したインパクトのある音)
は、なんだか眠れなくなりそうです。

そういった場合は、このKENWOOD AS-BT77のほうがよさそうです。


色はグレーとシルバーの2色あります。

シルバー


また、重低音モード、サラウンドモード
音質を好みで変えられる機能もあるので
昼間は重低音モードでしっかり、
夜はオフにして静かにと使い分けられます。


あとKENWOOD AS-BT77はうるさい起動音が鳴りません。

「だから何だ?」
と思われるかもしれませんが、
これは静かな場所ではけっこう重要です。

Bluetoothスピーカーはなぜか電源を入れたとき
やたらと大きな電子音がするものが多くて
これが気になるという人はたくさんおられます。


この点は僕もまったく同意見で、
なんで最先端の機器なのに
30年前の8ビットマシンのような

「ピポッ!」とか「ピロリロ~」

みたいな音をいちいち鳴らすのか疑問に思っていたのですが
このKENWOOD AS-BT77はその起動音がないということです。

くだらないことに思えるかもしれませんが
寝室で寝る前に静かに聴くようなシーンでは
この起動音はけっこうイラッとしそうなので
ありがたいです。


それともうひとつ、
この製品はUSB接続で音を鳴らせます。

「なんでいまさら有線接続なんだよ!」
と思われるかもしれませんが、
パソコンなどとUSBケーブルで接続すると
かなりいい音を出してくれます。


これができるモバイルスピーカーは案外すくないです。
(スマホでBluetoothで接続する場合は関係ない機能ではありますが)


まあこのように、ほめまくっていますが
ケンウッドのAS-BT77は
実はデメリットもはっきりしています。

スポンサーリンク


よくないところは?


デメリットとしては
バッテリーが4時間40分と短めなことですね。

いまや10時間を超えるのが当たり前になってきているのに
この稼働時間は少々頼りないです。


あと重さも860グラムとなかなかの重さです。

もちろん持ち運びはできる重さですが
ちょっと大変ですね。


Bluetoothバージョンが2.1と古めなのと
コーデックもSBCのみ。

僕はどちらかといえば
音が良ければそれでいいじゃない、
と考えるほうで、こういったスペックは
そこまで気にしないのですが
ちょっと残念といえば残念ですね。


デザインも華やかさはなく
落ち着いた感じですが、これは好みですね。
意外と女性受けも悪くないようです。


まとめ


モバイルBluetoothスピーカーは

・外に持ち出し
・家の中で移動


のふたつの使い方がありますが
KENWOOD AS-BT77は家の中での使い勝手に
特化している製品といえそうです。



外でジャンジャン聴く、というのには
正直向かないと思いますが
家でゆったりと聴くには抜群ですね。

KENWOOD AS-BT77_02

あともちろんケンウッドの音が好き
という人にもおすすめです。
これはまあ、当たり前ですか。

でもモバイルBluetoothスピーカーも
各メーカーの音の特性はでているので
お気に入りのメーカーのものを選ぶのも
ひとつの方法でしょう。


価格はこちらが安かったです。

グレー
KENWOOD AS-BT77-Hを安く買うならこちら

シルバー
KENWOOD AS-BT77-Sを安く買うならこちら


僕はデノンが好きなのですが
ケンウッドの音も好みなので
KENWOOD AS-BT77はかなり魅力的に感じました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ