Windowsのログインパスワードの入力を省略する

Windowsのパスワードを作成したものの、起動やスリープからの復帰のたびにパスワードを入力するのが煩わしく感じるかもかもしれません。そのような場合はパスワードを破棄してしまえばよいかもしれませんが、パスワードを設定したまま、入力だけを省くこともできます。何らかの理由でパソコンからパスワードを破棄したくない場合はこの使い方をしてください。


ここではWindows 7での設定方法を紹介します。この方法は指定したユーザーで自動ログインしてしまうので複数のユーザーで使用しているパソコンには向かない方法ですが、ひとりで使用しているパソコンに設定すると起動がスムーズになります。


スポンサーリンク


Windows 7で起動時のパスワードを省略する方法


スタートボタン→「すべてのプログラム」をクリックします。
スタート→「すべてのプログラム」


「アクセサリ」→「ファイル名を指定して実行」をクリックしてください。
「アクセサリ」→「ファイル名を指定して実行」をクリック
スタートメニュー右側に「ファイル名を指定して実行」の文字がある場合は、そちらをクリックしてもいいです。


「ファイル名を指定して実行」のウィンドウが出てきます。キーボードのウィンドウズキー(ウィンドウズのマークの書かれたキー)を押しながら「R」キーを押してもこのウィンドウを出すことが出来ます。
「ファイル名を指定して実行」ウィンドウ
名前の欄に「control userpasswords2」と入力して「OK」をクリックしてください。


「ユーザー アカウント」ウィンドウが出てきます。
「ユーザー アカウント」ウィンドウ
自動ログインするユーザーを選択して、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外してください。そのあとに「適用」をクリックします。


「パスワード」と「パスワードの確認」に、ログオンパスワードを入力してください。
「自動ログオン」の画面
入力が完了したら「OK」をクリックします。


「ユーザー アカウント」ウィンドウに戻るので、「OK」をクリックします。
設定完了後の「ユーザー アカウント」ウィンドウ


これで設定は完了です。次回の起動からはログインパスワードを入力しなくてすみます。スリープからの復帰時のパスワード入力も省略する場合は、次のようにしてください。


スポンサーリンク


Windows 7でスリープからの復帰時にパスワード入力を省略する


Windowsのスタートボタン→「コントロールパネル」をクリックします。
Windows7のスタートメニュー


「システムとセキュリティ」をクリックしてください。
「システムとセキュリティ」をクリック


電源オプションのところにある「スリープ解除時のパスワードの要求」をクリック。
電源オプション「スリープ解除時のパスワードの要求」をクリック


「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」の画面になります。
「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」画面
スリープ解除時のパスワード保護の「パスワードを必要としない」を選択してチェックを入れ、「変更の保存」をクリックしてください。


これでスリープからの復帰時もパスワード入力をしないで済みます。



以上で設定は完了です。 パスワードを設定しておきながら、パスワードがなかった時と同じような使い方が出来るようになります。注意する点としては、普段使うにはパスワードを入力をすることが全くなくなってしまうので、そのままパスワードを忘れないようにしてください。


 [次]実は簡単に導入できるホームネットワークについてと、ワークグループとコンピュータ名の確認と変更の方法

Windowsのログインパスワードを設定する[前]

スポンサーリンク

トップメニュー
 NAS(ネットワーク対応ハードディスク)について
 スマートフォン、タブレットの使い方について
 パソコンの使い方について
 ネットワークの用語などについて
 音楽について
サブコンテンツ

このページの先頭へ